世界一の絶景ウユニ塩湖で〇〇売って大儲けした話

どーも、世界一周旅人の喜多(@ikmkt10)です。

突然ですが、ウユニ塩湖って知ってますか?

ウユニ塩湖は南米ボリビアにある塩の大地で、雨季になると雨水が溜まり、この写真のような鏡張りの景色が見られます。

ウユニ塩湖の鏡張りは旅人の間で「世界一の絶景」とも言われています。

この世界一の絶景とも言えるウユニ塩湖のある街で「あるモノ」を売って大儲けした日本人がいるそうなのでその時の話を聞いて来ました。

今回話を聞いたのは僕の旅友達であり、ビジネスパートナーであり、今では一緒に住んでいる北野勇樹くんです。

 

北野 勇樹 1990/11/25生まれ

『旅をキャリアに』が合言葉の会社、株式会社SPACE代表取締役。

大学で教員免許取得後、世界一周の旅に出る。1年8ヶ月で48カ国を周遊。英語とスペイン語を習得。帰国後、『旅人講演家』として子ども達に世界の広さやチャレンジすること大切さを伝える講演活動を開始。

また、タイのチェンマイでゲストハウス『Slow House』京都でシェアハウス『 Slow House family-』を3棟、ゲストハウス『Slow House -Kyoto-』(絶賛DIY中)を経営。

その他に、現教員、教員を目指す学生に向けてフィリピンで現地の公立小学校で教育実習を行う『Global Teacher Program』を運営している。それに加え、NHK『旅旅失礼します』のプロジェクトメンバーとして活動したり、タイ国際航空のアンバサダーナビゲーターとして活動したりしている。

◯facebook:Yuki Kitano

◯Instagram:@yuuuki_k_ 

 

ゲストハウス作ってます

今日は京都四条大宮で世界一周した旅人たちがボロ民家を改装して作っている最中のゲストハウス「SlowHouseKyoto」で話を聞きました。

生馬

なんか変な感じやけど、お願いします。

今日はなんでこんな暑くて汚いところで撮ってるんですか?笑

勇樹

いやいや、クーラついたからだいぶ涼しくはなってると思うで。笑

どこって言われたらやっぱりここしかないでしょ!

普通のサラリーマンからいろんな旅人とかヒッチハイカーとかいろんな奴が述べもう100人以上来てくれて手伝ってくれてて、毎日変わっていくから今日この状態は今しかないからここで撮ろうと思って。

生馬

最近は何を見て手伝いに来てくれる人が多い?

勇樹

もう友達の友達とか。笑

生馬

初めましての人とかもいっぱい来てくれてね。

勇樹

いやもう本当にいっぱい来てくれてる。

この間はよーわからん奴がインスタ見て来ました!って来たけど全然仕事雑で。笑

朝だけ適当に仕事して弁当食って帰りよった。笑

生馬

そんな奴も含めて楽しい奴がいっぱいでね。笑

ちなみにオープンはいつぐらいになりそう?

勇樹

今すぐにもオープンしたい。笑

早ければ早いほうがいいけどもう伸びて伸びて。本当は8月にオープンする予定やったけど。

生馬

もう8月入ってるもんな。まだもうちょいかかりそうな感じやね。

勇樹

8月末ぐらいにできたらいいなーみたいな感じかな。

早くオープン早くできるようにみんな手伝いに来てください!

軽いノリから始まった

生馬

じゃあウユニの話に!

勇樹

懐かしいねー

生馬

俺もちゃんと聞いたことなかったけど、そもそもまずなんでそんなことやろうと思った?

勇樹

旅人って結構暇やんか。

生馬

まあ正直毎日やることないからね。

勇樹

そう、それでウユニの宿の屋上でブラジルから一緒に旅してる3人でたわいもない話してたんやけど、もう2ヶ月ぐらい一緒に旅してたからお互いのことも知ってて特に話すこともないし将来何したい?みたいな話になって。

こんなことしたいなーみたいな話してたらその中の一人が、

「リヤカーとか引いて物売りしながら日本一周したいなー」とか言うてて、

「めっちゃええやん!」みたいになって、

もう一人が、

「じゃあ今やったらいいじゃん!」て言い出して、

「まじ?やる?」つって。

生馬

軽いノリで始まったなー。

最初は寿司を売ってみた

勇樹

本当に軽いノリで!

まあリヤカーないけどなんか売ってみようってなってとりあえず日本人やし寿司売ろうって。

生馬

まあ日本といえばね。

勇樹

ほんでとりあえず米炊いたけどウユニって標高4000mぐらいあるから水が80度ぐらいで沸騰して全然米炊かれへんかって。

米ないのにどないして寿司作るねんって。

生馬

寿司なんか米ないと始まらんからね。

勇樹

そうそう。

そやけどとりあえず水に2時間ぐらいつけてから炊こう!

とか、油入れたら炊けるんちゃう?とか色々やって。

生馬

油?笑

それは調べてやったとかじゃなくて適当に?

勇樹

適当に。笑

生馬

いけるんちゃう?みたいな

勇樹

そうそう、まさに「いけるんちゃう?」っていう感じで。

で、色々やってたら一応炊けて。

生馬

炊けたのはどうやってやったら炊けた?

勇樹

水めっちゃ入れて油入れて。笑

生馬

油関係ある?

勇樹

多分あるやろ。笑

あると思ってる。

生馬

まあ色々試行錯誤して。

勇樹

そう。美味しくはないんやけど、一応炊けたことは炊けたから次は何載せる?ってなって

生馬

魚とかはもちろん売ってないやんな?

勇樹

売ってない。標高4000mやし。

で、あったのがアボカドとスパム。

これで寿司いける!てことで材料それで行こってなって

次は酢飯や!てことで、酢をスペイン語で調べたらビナグレってことがわかって酢を探しに行った。

生馬

ビナグレ探すぞーて。

勇樹

そうそう。

でもビナグレを探しに市場行ったら、どこの店も赤い謎の液体しか出してこーへんくて。笑

なんやねんこれみたいな。でもビナグレって書いてあるしどこ行ってもビナグレは赤いからこれやろ!てなって。

生馬

ボリビアではそれが酢なんや。

勇樹

多分スタンダードなんかなって。

とりあえずそれで一回酢飯作ろってなって、赤いビナグレを混ぜて一応酢飯を完成させたんやけどめっちゃまずそうなピンク色の酢飯ができて。笑

でもまあそれも桜寿司って言ったら日本ぽいしいけるやろってなって、桜寿司の上にスパムとアボカド乗っけて。

生馬

うわ、クソまずそう。

勇樹

そう。どう見てもクソまずそう。ほんで実際に試食したらクソまずい。笑

これいけんの?てなったけどとりあえず握ってお皿に乗せて夜外に出て、

「寿司どうですかー」

みたいな感じで売りに行ったんやけど、標高4000mの外はめっちゃ寒くて寿司カッチカッチになって。

生馬

おーますますまずそう。

勇樹

最初一個5ボリ(約75円)で売ってたんやけど全然売れへんから最後一個1ボリ(約15円)とかで売って「こんなもん食いもんじゃない」ぐらいのこと言われながらもとりあえず売り切ろってなって。

小学生ぐらいの子が最後買いに来てくれて一個食べて、

「ケリーコ!(うまい)」

て言い出して、家族の分も買うって5個ぐらい買ってくれて、まあそれでなんとか売り切れたんやけどこれはもう二度と売れへんよなってなって。

生馬

そりゃそーやな。日本が誤解されるわ。

寿司がダメならテリヤキチキン

勇樹

次は日本ぽいものでテリヤキチキンでしょっ!てなって

生馬

寿司の次はテリヤキね。

勇樹

鶏肉は結構売ってるからさ。

鶏肉と現地にある醤油とか色々混ぜてテリヤキチキン作って、次の日またそれを売りに行った。

ご飯とテリヤキチキンとポテサラとサラダみたいなセットでプレートみたいな感じで売ったんやけど、どうしても単価が高くなってしまって。

1個15ボリ(約230円)ぐらいで売ってたから現地の人からしたら超高い。

生馬

現地の一食っていくらぐらいやっけ?

勇樹

屋台とかやったら100円ぐらいやったんちゃうかな?

生馬

なんかウユニって食うもんなかった覚えあるなー

毎日屋台のハンバーガー食うてたわ。

勇樹

一回で8食ぐらいしか作れへんし作るのにオペレーションがめちゃくちゃ時間かかって、しかも単価も高いし利率も悪いてし、夜はやっぱ寒いから冷めてあんまり美味しくないってなって。

でも、その時たまたま横につけてたポテトサラダをボリビア人が、

「めっちゃ美味しいこれ何?」って聞いて来て。

生馬

ほう。

勇樹

ポテサラ一本で行く?みたいな

テリヤキチキンのおまけのポテサラがバカ売れ

勇樹

最初はみんな反対してたけどとりあえず一回やってみよってなって。

次の日大量にジャガイモ買って大量にポテサラ作ってプラスチックのパックとか買ってそれにキャベツ引いてポテサラ乗せてトマト乗せてちょっと色合いよくして売ったら初日バカ売れして。

生馬

へー

勇樹

初日40食ぐらい一瞬で売れたから、ポテサラ一本やなって。

次の日もっと行こうぜってなって朝はよ起きて市場で買ったことのない量のジャガイモと玉ねぎやらマヨネーズも樽で買って本気出して行こうぜってなって、その日100食売れ、次の日200食売れーで

生馬

一個いくらで売ってたん?

勇樹

一個5ボリやから75円ぐらいかな?

生馬

それが100個200個売れて。

勇樹

そうそう。ほんでまあそうこうしてるうちにちょっと話題になって、旅人がブログに載せてくれたりとかして「ポテサラ売ってるって聞いたんですけど」みたいな日本人が集まり出して。

生馬

ゲストハウスと一緒でムーブメント起きて仲間が増えた。

勇樹

そうそう。宿で作ってたんやけど、人もいっぱいいるから作る班と売る班とか役割分担もできて、一日中稼働できるようになって。

それで生産量も増えてめっちゃ売りまくって、売り上げたお金で手伝ってくれた人の晩御飯と酒奢るみたいになって。

毎日楽しくやってたんやけど、1週間ぐらい続いたぐらいで休み取らへん?みたいになって

生馬

旅人なんて毎日休みやのに。

勇樹

ホンマにそれ。笑

旅人の休みってなんやねんとか言いながら

で、休んでる時に町の人から

「今日はポテサラないの?」

みたいなこと言われたりして、今日は休みなんすよーとか言いながら、やっぱこれ結構需要あるなーてなって。

次の日からまたどんどんいっぱい稼働させて売っていって。

宿のおっちゃんに、

「お前らガス使いすぎやぞ」って言われてから人生初めてプロパンガス買って。

生馬

へーいくらぐらいすんの?

勇樹

それが300円とかやねん。

超安いし、宿のキッチンフル稼働でジャガイモ茹でいっぱい作って売りまくってたら警察に止められて。

最大のピンチ・・

生馬

あー・・

まあ目立ってるしな。

勇樹

それでまあもうこれで詰んだなと。

「おい、そこの日本人!」って。

ダンボールに入れて売ってたからその中とかライト当てられて調べられてボディチェックもされて、これもうやばいなーて思いながら、言い逃れもできへんしこれもうしゃーないなてなってたら警察が、

「シンコポルファボール(5個くれ)」

って言い出して。

生馬

まさかの。笑

勇樹

まじで!?買いよったー言うて。笑

生馬

警察味方につけた。

勇樹

そう。それでもう怖いもんないから、なんでもありやーてなって学校の中とかバスの中に売りに行ったりして。笑

次の日も警察に配達して一個サービスしたりとかしてたらめっちゃ喜んでくれて。

で、ずーっといい感じで売れて、最終的に宿とか飯代とか全部売り上げから出してて4人で一人15000円ぐらい儲かったから、利益として結局60000円ぐらい!

生馬

おーすごい!

勇樹

手伝ってくれた人の飯とかお酒とかで経費とか言ってめっちゃ使ってたけどそれでも60000円ぐらい儲かって。

でも旅人って毎日休みやから働きすぎて疲れてもうて、みんなもうしんどいなーみたいな感じになってて。笑

村の人もそんなに多くないから売りに行っても、

「いや、昨日買ったし」

みたいになって来て、

「今日も買ってやー」

言うてたけど、ちょっとずつ飽きられ出して、そろそろ潮時かなーて思った時に英国風のボリビア人に出会って、

「お前ら何売ってんの?」

言われて、

「ジャパニーズフードのポテサラやー」

言うたら、

「ジャパニーズフードは寿司とかテリヤキとかを言うんやぞ」

って言われて、おーすごいやつ来たと思ってたら、とりあえず俺にも一個食わせろって一個買ってくれて、食べたら、

「いや、これそこで売ってるで」

て言われて、え?まじで?ポテサラ売ってんの?ってなって。言ってる店行ったらなんかポテサラをあげたやつみたいなんを売ってて。

生馬

あーあるねそういうの。

勇樹

ほんでもうこれで終わりやなーてなってやめた。

最後俺らがここでもらったお金は全部ここで使おうてなって。

生馬

なるほどね。それはいいね。

勇樹

それでそこで儲けたお金は全部そこで使い切って終了。

ほんで俺らがそれやったから今ウユニでなんか売るみたいなんがブームになってるらしい。笑

生馬

ヘーすごいな!

勇樹

なんか味噌汁売ってるやつとか、おにぎり売ってるやつとか結構増えてるみたい。

「ウユニ ポテサラ」で検索したら俺らの写真出てくるしぜひ見てもらえたら。

ポテサラ売って学んだ人生に大切なこと

生馬

その経験が今にめっちゃ繋がってるよね。

勇樹

それはめっちゃあるね。

今でも面白そうなことがあったら「とりあえずやってみよう」って。

生馬

やる前から諦める人多いもんな。

勇樹

ホンマにそう。

ポテサラ売った時も、知識とか知恵もないしポテサラ作ったこともなかったし。

最初寿司作ったけどあかんかったから諦めよう。じゃなくて、寿司あかんけど次はテリヤキや!てなって、その時にたまたま横に乗ってたポテサラがウケたからじゃあポテサラで行こうぜ!みたいな感じになってそれがどーん売れたりとかして。

今もなんかおもろそうやなってなったらとりあえずなんでもやってみて、あかんかったらその都度軌道修正していって、成功するところまでずっとその繰り返し。それは結構ポテサラから学んだと思う。

生馬

このゲストハウスも正直最初どーかなーて感じやったもんな。

勇樹

そうそう。周りにはだいぶ反対されたし、なんなら今でも反対されてるし、素人でそんなできるわけないとか言われてるけど

生馬

最初はホンマに汚くてどうなるか見当もつかへんかったけど、やるって決めてやってたらいろんな人が手伝ってくれて少しづつ形になって来てるもんな。

勇樹

そうそう。

ポテサラと一緒やわ。ゲストハウスだけじゃなくて人生はポテサラ売るんと一緒でとりあえずやってみたらええと思う。

生馬

とりあえずごちゃごちゃ考えずに面白そうと思ったらやってみて、やりながら修正して、うまくいくまでやり続けるのが大事と。

勇樹

そやね!人生ポテサラ!笑

生馬

こんな予定じゃなかったのにいい話になってしまった。

お知らせ

教員を目指している人や実際に教員の人向けにフィリピンでの教育実習を開催しています。

詳しくはこちらの動画をご覧ください。

【公式】フィリピン・セブ島への留学はGlobal Teacher Program

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です