集中力を高めるためにポモドーロテクニックを使ったらプチ人生変わった

どーも、喜多(@ikmkt10)です。

突然ですが、あなたはやるべきことに対して集中して作業を行えますか?

僕はやらないといけないことがあってPCに向かっても、

スマホをいじってしまったり、

ネットサーフィンをしていたり、

漫画を読んでしまったり、

SNSを見ていたり、、、、

となかなか集中することができませんでした。

ですが、この「ポモドーロテクニック 」を知ってからは集中力が段違いに上がり、仕事の生産性が大幅にアップしました。

もしあなたが、

「集中力が続かず、何かやってもすぐに別のことが気になってしまう」

と困っているなら必ず役に立てると思いますのでぜひ読んでみてください!

スポンサーリンク

ポモドーロテクニックとは

集中して仕事をこなすために、25分毎に時間を区切って仕事をする時間管理術。Francesco Cirillo氏が1992年、自身の勉強効率を上げるために考案した。

出典:はてなキーワード

ポモドーロテクニックとは、短時間(25分)の作業を繰り返すことで高い集中状態を持続してタスクをこなす仕事術のこと。

  • タイマーをセットし、25分仕事・5分休憩を3〜4回繰り返す
  • 一度長めに休憩(15〜30分)を取る

と時間を区切ってタスクをこなすことで集中力が持続しやすくなります。

 

ちなみに「ポモドーロ」とはイタリア語で「トマト」のこと。ポモドーロテクニックを生み出した、起業家のフランチェスコ・シリロ氏が愛用していたトマトがたのキッチンタイマーから名付けられた。

ポモドーロテクニックを実践してプチ人生が変わった

実際にポモドーロテクニックを使ってみるとわかると思いますが、集中力が持続して生産性がかなり上がります。

僕はこのテクニックに出会う前はパソコンで仕事をしていても、SNSを見てしまったり、調べ物をしたり、ネットサーフィンをして気づいたら時間が経っている・・なんてことが多くありました。

ですが「25分だけ集中する!」と決めてタスクに取り掛かると本当にそれだけに集中できます。

当たり前ですが集中してタスクに取り掛かると仕事が早く終わるうえに質も上がります。

普段どれだけ無駄な時間が多いかに気づくと思いますよ。

体感ですが、ポモドーロテクニックを使って集中して仕事をこなすと25%ぐらい早くなってると思います。

捻出した時間で別の仕事をしてもいいし、自己投資に使ってもいいし、遊びに行ってもいいし、、、

集中力が上がれば人生が絶対により良い方向に進みます!

ポモドーロテクニックを実践

実際にポモドーロテクニックを使ってみましょう。

スマホでもなんでもいいのでタイマーを用意して、25分と5分に設定すればいいだけです。

どんなタイマーでも時間がわかればポモドーロテクニックを実践することができますが、アプリを使う方が楽だと思うので僕が使っているアプリを紹介します。

ポモドーロテクニックおすすめアプリ〈スマホ〉

スマホでタイマーを設定する時はこのアプリを使っています。

Be Focused - Focus Timer

Be Focused – Focus Timer

Denys Yevenko無料posted withアプリーチ

簡単なアプリで、25分経ったら通知がなり、そこから5分経ったらまた通知がなります。

時間の設定や、「4サイクルで25分の休憩」など細かい設定も可能です。 

ポモドーロテクニックおすすめアプリ〈Chrome〉

次はChromeの拡張機能であるMutateです。

僕は基本的にパソコンでの仕事なのでこちらを使っています。

Chromeの拡張なのでインストールすれば右上のアイコンをクリックするだけでいつでもタイマーが起動されます。

詳細設定からは特定のURLに閲覧制限をかけることもできます。

ポモドーロテクニックの2つの注意点

ポモドーロテクニックを使うときの押さえておくべき注意点を2つ紹介します。

簡単なことですが、これができていないと効果が下がってしまいます。

タスクは一つに絞る

まずやるべきことは一つに絞りましょう。

25分間は一つのことに集中して取り組んだ方がいいです。

いくつも同時並行で進めようとすると結局集中できなくなり、生産性が下がってしまいます。

いくつかタスクがあるなら、25分ずつで区切って作業をするのがオススメです。

25分間で行うタスクは一つに絞りましょう。

時間が来たら休憩する

タイマーが鳴っても、「あともう少しだからやってしまおう」と考えてしまうかもしれませんが、時間が来たらそこで作業は終了しましょう。

人間の脳はキリよく仕事を終わらせているよりも、中途半端に残っている方が頭に残りやすく鳴っています。これを心理学用語でツァイガルニク効果と言います。

目標が達成されていると、脳は「終わった」と勘違いして、次のサイクルで集中状態で作業がしづらくなります。

タイマーが鳴ったらどんな状態であれ、一度休憩してから作業を再開しましょう。

ポモドーロテクニックにプラスαでさらに生産性アップ

ここからは僕がよく使うテクニックです。

ポモドーロテクニック で25分の作業を終えました。

そこで振り返りを行ってください。

この25分は集中できたのか?前に進んでいたのか?仕事以外の他のことをしていないのか?

反省は次の25分に活かしましょう。

そうすることでさらに生産性が上がるはずです。

まとめ

ポモドーロテクニック について紹介してきました。

「集中が続かない!」

と悩んでいる人は多いと思います。

簡単に取り入れることができるテクニックですので、あなたもぜひこのテクニックを取り入れて生産性を上げていきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

合わせて読みたい

行動するのが不安な人に!行動するのに必要なのは「〇〇を知ること」

自己肯定感を爆発的に高める3つの技術

 

おすすめ記事セレクション

【本は、聴こう】オーディブルが超おすすめ!いつでもどこでもインプット

月額たった325円!Amazonプライムに加入する10のメリット

LSDの100倍の幻覚作用!?シャーマンのアヤワスカセレモニーに参加して来た

 

 

管理人の世界一周の体験を配信中!耳だけで楽しめる世界一周ラジオPachamamaもぜひ聞いてみてください。

Podcastでも聞けます!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です