財布を捨ててマネークリップに乗り換えて感じたメリット・デメリット

どーも、喜多(@ikmkt10)です。

僕は海外にくときは、財布をポケットに入れておくと膨らんで位置がバレてしまいスリや泥棒に狙われやすいので、防犯上の理由からマネークリップを使っていました。

最近は日本にいるときも財布は使わずにマネークリップを使っています。

財布を捨ててマネークリップを使って感じたメリット・デメリットを紹介していきます。

スポンサーリンク

マネークリップのメリット

まずはマネークリップを使って感じたメリットを紹介していきます。

メリット1.荷物が減る

一番のメリットはこれですね。

僕はとにかく荷物は減らしたいと常に思ってるんですけど、財布って意外とデカいじゃないですか。

ポケットに入れたら膨らむし、重いし。

僕が使っているマネークリップはクレジットカードとほぼ同じ大きさで暑さも数ミリなのでポケットに入れても全然膨らみません。

メリット2.断捨離する

マネークリップって財布よりもカードの収納数が少ないんですよね。

僕が使っているのはカードが5枚しか入りません。

財布を使っていた頃は10数枚カードが入っていたんですけど、全部捨てました。

今は、

  • クレジットカード
  • キャッシュカード
  • スポーツジムの会員カード
  • 免許証
  • 保険証

の5枚だけです。

これだけで困ったことはまだ一度もありません。

ポイントカードとか使うかわからないようなポイントカードとか全部捨てましょう。

メリット3.見た目がスマート

マネークリップ、カッコよくないですか?

財布よりもシュッとしてる。

あ、これは完全に個人的な意見です。

マネークリップのデメリット

次はマネークリップを使ってみて感じたデメリットです。

デメリット1.小銭が持てない

まあ、これはしょうがないですよね。

「小銭入れ付きのマネークリップ」とかありますけど、

「それなら財布でよくない?笑」

っていうのが僕の考えです。

基本的に支払いはカードと電子マネーなので小銭あまり使わないんですけど、現金のみのところもいまだにいっぱいありますよね。

僕はそういう時のために一応小さい小銭入れを持っています。

できれば持ちたくないのですが、小銭をポケットに入れてジャラジャラさせるよりはマシなので、、

小銭入れとマネークリップを持っていても財布を持つよりはかなり小さくなります。

デメリット2.お札を収納するのがめんどくさい

マネークリップにお札を挟むときは、お札を三つ折りにしてるんですが、千円札で9000円のお釣りとかもらった時がちょっとめんどくさいです。

二つ折りとか四つ折りなら別にめんどくさくないかもしれませんが、三つ折りが一番綺麗に収まるので、、

オススメのマネークリップ

おすすめのマネークリップは僕が使っている「STORUS」のマネークリップです。

特殊な構造でカードが1〜5枚まで収納できます。(頑張れば6枚いける)

大きさはクレジットカードとほぼ同じ大きさで値段もお手頃。

まとめ

僕も最初は

「日本で使うのはどうかなー」

と思っていましたが、今の所全く不便には感じていません。

マネークリップに変えようか迷っているなら、この機会にマネークリップに乗り換えましょう!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です